ヒノキヤグループの平屋スタイル 資料請求・お問い合わせ

人が集まる、
また来たくなる家

まるでなかった、
平屋という選択肢。

元々はアポートに住んでいたのですが、手狭に感じるようになっていたので新居を持とうと決めました。マンション暮らしを経験してみたかったけれど、他の部屋への気遣いなどを考えた結果、戸建てという結論に。そして住宅展示場に向かったのですが、最初に心を惹かれたのは桧家さんの青空リビングのあるプランでした。ですが、営業担当者の方から「自身が住みたい夢の平屋」のお話を聞くうちに、いつしか「もう、平屋しか考えられない」というほどに。週末には仲間を呼んでバーベキューなどしてみたいという希望もあったので、平屋にすることに決めました。

青空の下のバーベキューは至福のひと時

庭に植えられた花が季節を感じさせてくれる

誰もがくつろげるような
家にしたい

やはり週末バーベキューへの憧れがあったので、庭の広さはたっぷり取りました。また、自分の仕事の関係もあり、駐車場は3台分のスペースを確保しました。今のところ、大人数の来客があっても十分足りていますね。室内についても、住宅関連会社の務める父のアドバイスで、リビングは大きな吹き抜けにしました。また、仕切りを設けずひとつながりの空間にして、広く感じられるように仕上げたこともこだわりポイントです。自分たちが快適に過ごせることはもちろん、来客の皆さんにも気がねなくくつろいでもらいたいですからね。

広々として開放感溢れるリビング

自分たちらしく、
日々のくらしを

当初の想定通り、週末になるとよく仲間が遊びに来てくれています。わが家を別荘と呼んで、毎月家族連れでやって来る先輩もいるほどです。とても喜ばしいことであるとともに、私たち夫婦の住空間としても満足しています。自分たちらしく、飾らずに心からリラックスできる空間にしたいとよく話していたので、今はとても満足しています。全体的には洋のトーンの家ですが、和室も違和感なく馴染んでいるし、とても使いやすいです。植物や置物などのインテリアで、小さなアレンジをあれこれ楽しんでいます。そんな風にして、日々のくらしをどこまでも楽しんでいきたいです。

訪れたお客様との思い出をアルバムに

これからのアレンジも楽しみな和室

▶︎ N様邸

家族構成
夫婦
間取り
平屋 3LDK
延床面積
104.34㎡(31.5坪)
敷地
400.93㎡(121.2坪)